W-BASE ORIGINAL BMX J6 入荷!

2017_9_22_news_1
入荷後から続いていたW-BASE ORIGINAL BMX “J6″納車ラッシュがようやく落ち着きましたので、改めてJ6の紹介をしたいと思います!
このJ6はW-BASEが提案するストリートBMXの完成車です。J6一番の特徴はフレーム全てのパイプに4130cr-mo(4130クロムモリブデン鋼)を使用しております。4130cr-moとは何ぞやという方のために4130cr-moとは鉄とクロームやモリブデンを添加した金属で、非常に堅いため、それに伴い薄い鋼材が使用できるため軽量化が図れる金属です。もっと分かりやすく言うと自動車のクラッチやフライホイール、航空機の部品やレーシングカーのロールゲージなど強度と軽量性を必要とする箇所に使用される素材なんです!

通常J6と同価格帯(6万円前後)の完成車ではダウンチューブとトップチューブに4130cr-moを使用していても、他のパイプに1020ハイテンを使用しているため重量があり、強度も低くなってしまいます。BMXはスキルアップと同時にパーツが破損してしまったり、自分のスキルにあったグレードのパーツに交換して自分好みの1台に近づけて行くのですが、その時基礎となるフレームがハイテンを使用したものだと重量や強度の問題で遅かれ早かれフレームをも交換する必要が出てきてしまうのです。。
これでは結局2台買ったのと同じかそれ以上のコストがかかってしまうことになるでしょう。
初心者の方の多くが他社の6万円前後の完成車(フレームに4130cr-moとハイテンを使用したもの)を購入されますがこれでは無駄なコストがかかってしまいます。本気でBMXを始めるなら最初からフル4130cr-moのフレームに乗った方が断然お得ですよ〜!
4130cr-moを全てのパイプに使用しているJ6なら様々なBMXブランドがリリースしているアフターマーケット向けのハイエンドなパーツを組み込んでも遜色無く仕上げることができます!

現在BMXの購入を悩まれている方は是非一度ご相談下さい!
きっとあなたの1台が見つかるはずです!

W-BASE
03-5485-3235

↓今回新たに投入された新色GREY
J6の詳細はコチラから御覧下さい
2017_9_22_wbase_j6_grey
↓前回の半艶ブラックに変わり登場したGROSS BLACK
J6の詳細はコチラから御覧下さい
2017_9_22_wbase_j6_black

↓前回無骨な見た目が好評を博したCLEAR RAW
J6の詳細はコチラから御覧下さい
2017_9_22_wbase_j6_raw

Archives

Instagram W-BASE BICYCLE GARAGE - Instagram

instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1