OLD BMX PARTS入荷

2016_1_26_news_1

久しぶりにOLD BMXのパーツが入荷しました。
今回はOLD BMX好きを唸らす濃い内容となっておりますので是非チェックしてみて下さい。

2016_1_29_news_1
↑80年代当時フリースタイラーたちに絶大な支持を得ていたPEREGRINEのBMX REAR HUBです。
30年も前のものとは思えないくらい綺麗な状態です。製造は日本が誇るパーツメーカー”SUZUE”が行っており、クオリティや強度は最強と信頼されていました。現在でも実際にフリースタイルライディングの使用にも耐えうる強度を誇ります。
詳細はこちらから御覧頂けます

2016_1_29_news_2
↑アメリカの老舗パーツブランドACSのシートクランプです。こちらも非常に状態が良いです。発色の良いブルーでメッキのフレームなどにぴったりではないでしょうか。
詳細はこちらから御覧頂けます
2016_1_29_news_3
↑HUTCHのレイバックシートポストです。絶妙な曲がり角が美しいですね。HUTCHの車体には必需品ではいないでしょうか。こちらもかなりのミントコンディションです。
2016_1_29_news_4
↑ステッカーもしっかり残っております。
2016_1_29_news_5
↑80年代当時HUTCHのパーツを生産していたのは大阪の小泉製作所という町工場でした。その小泉製作所が生産したパーツにはその証としてベースボールマークが刻印されておりました。このシートポストにもその刻印があることから小泉製作所で生産されたことがわかります。
詳細はこちらから御覧頂けます

2016_1_29_news_6
↑こちらはDK PRO STEMです。もともとSTEMを生産するメーカーとしてスタートしたDK。美しい削り出しやシンプルなデザインだけでなく、ハンドルバーの締め付けの良さからズレないステムとしてフリースタイラーやレーサから絶大な支持を集めていました。
詳細はこちらから御覧いただけます
2016_1_29_news_7

2016_1_29_news_8
↑HUTCH WESTERN STEMです。80年代当時、レースはもとよりフリースタイルでも多く使用されていたモデルです。美しいCNCの造形美とシンプルなデザインは現在のHUTCHにも引き継がれています。
詳細はこちらから御覧頂けます
2016_1_29_news_9
↑CNCで彫り込まれた”H”は迫力ありますね。このロゴは現在でもストリートブランドなどがサンプリングしています。

2016_1_29_news_10
↑上でもご紹介したPEREGRINEのハブとUKAIのリムで組まれた完組みのリアホイールです。こちらもかなりのミントコンディションです。メッキの浮きなど一切無く、おそらく一度もフレームに取り付けられてないのではというくらい状態が良いです。
詳細はこちらから御覧頂けます
2016_1_29_news_11
↑PEREGRINEのハブとUKAIのリムで組まれた完組みのフロントホイールです。こちらもかなりのミントコンディションです。メッキの浮きなど一切無く、おそらく一度もフレームに取り付けられてないのではというくらい状態が良いです。
2016_1_29_news_12 2016_1_29_news_13

2016_1_29_news_14
↑HUTCH BUFF BARです。当時のHUTCHライダー“MIKE BUFF”のシグネチャーハンドルバーです。二本のクロスバーが特徴です。使用に伴う取り付け痕や小キズがありますが、全体的には綺麗なコンディションです。
詳細はこちらから御覧頂けます

2016_1_29_news_15
↑HUTCH DOMINGUEZ BARです。80年代当時のBMXシーンのスーパースター”MIKE DOMINGUEZ”のシグネチャーハンドルバーです。BUFF BARに比べると太い2本のクロスバーが特徴です。こちらも使用に伴う取り付け痕や小キズがありますが、全体的には綺麗なコンディションです。
詳細はこちらから御覧頂けます

今回入荷の商品はどれもかなり状態の良いものばかりですがコンディションについて気になる方は必ず店頭までお電話にてお問い合わせ下さいませ。
W-BASE
03-5485-3235

Archives

Instagram W-BASE BICYCLE GARAGE - Instagram

instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1