HOLDFAST補修パーツ

2011_2_17_holdfast_rep_1.jpg
最近はピストトリックライダーだけでなく街乗りのピストライダーからも多く支持されているペダルストラップの元祖”HOLDFAST“のリペアについてご紹介します。
HOLDFASTはトリックの激しい動きにも耐えうるように非常に頑丈に出来ていますが、転倒時に路面との摩擦でどうしてもベルト部分が切れてしまいます。
買い直すのはコストが掛かります。またベルクロストラップ部分にいたっては摩擦することが少ないのでほぼ無傷の状態でのこります。
そこでHOLDFASTからベルト部分だけを交換出来る補修パーツがリリースされました。
今回はこの補修パーツを使って実際に擦り切れてしまったHOLDFASTを蘇らせてみたいと思います。
2011_2_17_holdfast_rep_2.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_3.jpg
こちらは実際にトリックに使用してベルトが擦り切れてしまったものです。
2011_2_17_holdfast_rep_4.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_5.jpg
バックルからベルトを抜いてペダルから取り外します。
※この時ベルトが固くなっている場合があり、のでラジオペンチがあれば楽に取り外しできます。
2011_2_17_holdfast_rep_6.jpg
外してみるとベルトが切れそうになっているのがよく分かりますね。
2011_2_17_holdfast_rep_7.jpg
次にベルト部分とベルクロストラップ部分を分割します。
2011_2_17_holdfast_rep_8.jpg
ここで新しいベルトを用意します。
2011_2_17_holdfast_rep_10.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_9.jpg
ベルクロストラップをベルトに着いているバックルに通します。
2011_2_17_holdfast_rep_11.jpg
ペダルに取り付ける前に画像のようにベルトに折り目をつけると馴染みやすいです。
2011_2_17_holdfast_rep_12.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_13.jpg
ペダルに取り付けて作業完了です。このようにベルトを補修して使えば、買い替えるより低コストでかなり長いこと使い続けることができるはずです。

Archives

Instagram W-BASE BICYCLE GARAGE - Instagram

instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1
instaphoto1