BMX PIST

-自転車パーツ BMX PIST完成車の通販サイト-

ONLINE STORE

HOME > NEWS

how to custom - other

HOLDFAST 補修

2011_2_17_holdfast_rep_1.jpg

最近はピストトリックライダーだけでなく街乗りのピストライダーからも多く支持されているペダルストラップの元祖"HOLDFAST"のリペアについてご紹介します。

HOLDFASTはトリックの激しい動きにも耐えうるように非常に頑丈に出来ていますが、転倒時に路面との摩擦でどうしてもベルト部分が切れてしまいます。
買い直すのはコストが掛かります。またベルクロストラップ部分にいたっては摩擦することが少ないのでほぼ無傷の状態でのこります。
そこでHOLDFASTからベルト部分だけを交換出来る補修パーツがリリースされました。
今回はこの補修パーツを使って実際に擦り切れてしまったHOLDFASTを蘇らせてみたいと思います。


2011_2_17_holdfast_rep_2.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_3.jpg
こちらは実際にトリックに使用してベルトが擦り切れてしまったものです。


2011_2_17_holdfast_rep_4.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_5.jpg
バックルからベルトを抜いてペダルから取り外します。
※この時ベルトが固くなっている場合があり、のでラジオペンチがあれば楽に取り外しできます。


2011_2_17_holdfast_rep_6.jpg
外してみるとベルトが切れそうになっているのがよく分かりますね。


2011_2_17_holdfast_rep_7.jpg
次にベルト部分とベルクロストラップ部分を分割します。


2011_2_17_holdfast_rep_8.jpg
ここで新しいベルトを用意します。


2011_2_17_holdfast_rep_10.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_9.jpg
ベルクロストラップをベルトに着いているバックルに通します。


2011_2_17_holdfast_rep_11.jpg
ペダルに取り付ける前に画像のようにベルトに折り目をつけると馴染みやすいです。


2011_2_17_holdfast_rep_12.jpg
2011_2_17_holdfast_rep_13.jpg
ペダルに取り付けて作業完了です。このようにベルトを補修して使えば、買い替えるより低コストでかなり長いこと使い続けることができるはずです。
HOLDFAST補修パーツはコチラです。

w-base : 2011年02月17日 16:48

BROOKLYN MACHINE WORKS BIGBEN改

bmw_bigben2.jpg

bmw_bigben3.jpg

bmw_bigben4.jpg

これまで数人が引き継いできたこのBROOKLYN MACHINE WORKS BIGBENが新たに試乗車として内装8段に変わり進化しました。
今回はテストという事で、余っていたパーツでカスタム。
ギア変速により今までシングルのみで走っていたどんな坂でもラクラク!
筋力がない女性でもこれでストレスを解消できるのではないでしょうか!?

bmw_bigben1.jpg

気になる方はお気軽にSTAFFまで声をおかけ下さい。

w-base : 2010年11月21日 11:08

crank交換before after

今まで大事にしていたが汚くなった自転車を綺麗にしよう!
と、ゆう事でDURCUS1 H-STREETをカスタム!!
KIYO-H-STREET1.jpg

今回、HOW I ROLL CRANKに交換したんですが、大変かっこ良く仕上がりました。

KIYO-H-STREET2.jpg

この他にもODI/LONG NECK GRIP(¥1,470)、KENDA SIDE SKIN 24'TIRE(¥2,730)、IZUMI CHAIN(¥1,575)に交換。

KIYO-H-STREET3.jpg

自宅でホコリまみれになったり、ベランダや倉庫でサビていくだけの自転車を復活させればまた新たな気持ちで楽しめます!!
もし、貴方の家にもそうゆう自転車があれば暖かくなってきたので、修理してみてはどうですか!?

w-base : 2010年05月05日 16:28

Color chain

color-chain-craizy.jpg

ここ最近、自分の愛車にカラフルなカラーを施す人が増えてきています。グリップ、サドルなんてのは朝飯前。中級者くらいになってくるとチェーンなどでしょう。しかし!!80'sのカラーリングには現在リリースされているチェーンでは勝てません!80'sにリリースされた激レアチェーン”クレイジーチェーン”の存在をご存知でしょうか?当時あまりに早すぎたこのカラーリング、当時は名前の通り”クレイジー”な人しか使用していなかった為、80年代後半には消滅してしまったのです。チェーンのピン一枚一枚が違うカラーになっており上から塗装しました!ではなく湛然に作られている逸品です。
color-chain.jpg
で、上記画像のこのチェーン。一体なんなんでしょうか?答えはビックリ、すべて手で繋ぎ合わせて作られたチェーンです。80'sクレイジーチェーンとは違う意味のクレイジーチェーン。ジョイント一枚一枚チェーンカッターで外し、またカラーを変えて繋ぎ合わせたという代物です。どんだけクレイジーだよ!!

注)このカスタムチェーンを試される場合は自分自身で試されてください。”チェーンが切れないか”を他人で試さないようにしましょう。

w-base : 2007年07月22日 17:14

スプロケット & ギアレシオ

retro-&-new.jpg

バイクカスタムでルックスは重要課題ですが、最重要課題として機能があります。このルックスと機能のせめぎ合いがカスタムの醍醐味です。しかも、シングルギアのスプロケットとくれば交換はいちいちめんどくさいのにライディングにとって命のギアレシオがかかっているとなると中途半端なことはできません。"ギアレシオ"、シングルスピード乗りにとって2時間でも話が尽きないと言われる奥の深い代物です。フロントスプロケット歯数÷リアスプロケット歯数から割り出されるこの数値は数値が小さい程軽いため瞬発力はありますが最高スピードがあまりなく、反対に数値が重いほど瞬発力はなくなりますが最高スピードがだせます。なので自分の脚力と相談してこの数値と戦ってゆくことになります。今回カスタムするのは20"インチBMX。ルックス、機能、レトロ&ニューというコンセプトでカスタム。用意したのは80's KUWAHARAのスパイダーPCD110mmGOLDとSUGINOビンテージスプロケットPCD110mm 41T BLUE,MCS シングルピン SILVER。この組み合わせならカラーも選べるし、スパイダーなのでスプロケットのPCDさせ合わせればメーカーは選びたい放題!
retro-&-new2.jpg

BMXストリートの場合ディザスター系の技はお勧めしませんが、それ以外のライディングにはこれしかない!というくらいかっこいい!5ピンのゆるみを気にすることと、交換したスプロケットが増えてゆくことはしかたありません。5ピンは乗車のまえに点検、増えたスプロケットは時計、投げ輪とかに使用するといいですね。

w-base : 2007年02月11日 15:22

repolish

pepolish-1.jpg

自転車のパーツは最近アルミやマグネシウムも多く汚れはあってもサビは目立ちにくい素材が増えてます。しかし鉄(まー、クロームモリブデンですね)の”しなり”や”強さ”はシンプルで、強くてかっこいいバイクを組んでゆく場合、必要不可欠です。ただ、雨に濡れっぱなしにしたり、2年間くらい乗ってない、とかなると写真のようにサビサビになってしまいます。写真くらいサビている場合、パイプの中までやられている場合も多いのでハードライディングにはお勧めしませんが、そんなにハードな事しないし愛着のあるパーツだから使いたい!という人は綺麗にして使ってあげましょう。サビを落とすものとしては溶剤系やヤスリ系かになりますがコストからいうとヤスリ系、紙ヤスリの目が粗いものと細かいものというのがよいかと思います。あとはサビの状況に応じてヤスリましょう。最初は粗いものでおおまかにヤスり、仕上げは細かいものでヤスりましょう。溶剤にしろ、やすりにしろサビを落としたということは塗装も落としたということなので再びサビないようにカラーリングかクリアーの塗装処理を施してあげましょう。
repolish.jpg

ほぼ半日かかりましたが、ここまで磨けました。このクランクはこのままクリアー塗装して地の色でゆく事にしました。さー皆さんもサビに負けないよう頑張ってください

w-base : 2006年05月24日 17:58

pannier

carier-1.jpg

さー今回のカスタムはE.Tでおなじみ、BMXにかっこいいカゴをつけてみよう!です。日本にあるカゴは軽くて丈夫なので言う事無し、なんですがあえて言わせてもらうとかっこ良くない!んです。そこでかっこいいカゴの取り付け方を今回お教えします。
carie2.jpg
用意するものは、牛乳瓶をいれたりするプラスティックの箱(手に入れる場合かっぱらったりしてはいけません。ちゃんとお店に言ってもらいうけましょう)、あとはバイクにあったステイ類です。ヘッド側のステイと、フロントハブシャフトからくるステイの2種類でカゴは取り付けます。どちらか一つだとE.Tを乗っけたときに落っこちてしまうのでしっかり取り付けましょう。
carier3.jpg
ここでヘッド側のステイが1インチサイズしかないため1"1/8まで削ります。真円になるように心がけて削ってゆきます。しかしこれ大変なんです。どこかメーカーさんオーバーサイのステイを作ってください。
carier4.jpg
ヘッド側のステイの取り付けは完了。あとはシャフト側です。
carier5.jpg
シャフト側のステイも完了。さーカゴの取り付け開始ですよ。
carier6.jpg
View image
carier7.jpg
さー付きました!どうです、この感じ!いいじゃないですか!サイズもぴったり!無骨な箱なんですけどカゴとしてつかえばわざとデザインされたようなかっこよさです。オーバーサイズのステイふくめてこういう自転車カゴをどこかメーカーさん作ってくれないですかね?売れるとおもうけどな〜。
crier-rast.jpg
別のバイクにも付けてみました。気分はエリオット少年!!E.Tが誰かに連れ去られそうになったらもう心配なしです。これに乗っければいいんだもの。
エリオット2

w-base : 2006年05月11日 14:41

V-brake mounts cuting!

最初にはっきり申し上げます。今回のカスタム程見た目の為だけのために行うカスタムはありません。なにかと言いますとV-ブレーキからカンチブレーキを綺麗につけてみよう、というものです。機能でいうとVHSからβへ、という感じです。くだらないカスタムに情熱をかける姿勢をw-baseは大切にしていきたいと思っております。
brake1.jpg
Vブレーキってこれです。登場してからまったく進化することがない、”コスト&ブレーキの制動性能”を考えたすばらしいブレーキです。このVブレーキ付けているときはいいのですが、外すとなると台座がフレームに残ってやりきれない気持ちになります。
V-brake mount
brake1-2.jpg

早速外してカットしてやりました。
brake2.jpg

カット後のシートステイのサイドビュー。後方に見えるのが今回主役のカンチブレーキ”odyssey pit bull"。
brake3.jpg

付きました(すべての行程を見せる事無く)。いやー古き物にもよいものはありますね。ブレーキの効き目なんて1/2”くらいになってんじゃないでしょうか。またくだらいないカスタムあればご紹介してゆきます。

w-base : 2006年03月09日 15:38

wheel custum by spoke card

wheel-.jpg

メッセンジャーがよくやっているホイールにいれているカードはなにっ?とよく質問を受けるのでご紹介します。このカード通称”スポークカード”。USメッセンジャーさんたちが、自分の出場した大会の証明や、自分たちのチームを示す為に取り付けだしたのがルーツらしいです。カスタムはいたって簡単。お気に入りのステッカーやポストカードなどをパウチ(商品のポップなどに使われるやつ)します。できあがったスポークカードはスポークが交差している部分に挟むだけ。あとは発想力次第。お酒が好きならスルメを挟んだり、おじいちゃん子なら、おじいちゃん挟んだり。まー、いろいろやってみましょう。

w-base : 2006年01月13日 17:05

eazy custum by pukapuka horn

pukapuka-horn.jpg View image

ごくお手軽カスタムの一例。グリップとぷかぷかホーンを同色で統一して取り付けます。すると、あらっかわいい!というカスタムは終わります。

w-base : 2005年11月27日 11:57

Copyright © 2004-2011 Bicycle Garage W-BASE